きんちゃんBOX

プロスキーヤー遠山巧のどんどんマニアック系フリースキーブログ◎

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トランポリンのメリット・デメリット◎

良く耳にする話で
『トランポリンでの練習方法がわからない』
というのがあります。

で、今回はトランポリンのメリットとデメリットに
焦点をあててみたいと思います。

まずメリットは何だと思いますか?

第一に練習量の多さがあります。
ウォータージャンプで急いで5分に一回飛べたとして、1時間で12本ですが、
トランポリンで1秒に1回のペースで飛ぶと、
1時間で3600回飛べます。(飛び続けた場合)
休憩を入れて1時間に10分飛んだとしても、600回です。
単純に考えても、50倍です
とは言え、板も履かないし滑走しながらではありません。

じゃー何を練習するのか?ですが、
自分の場合は先行動作や空中での目線・動きを練習します。
グラブのタイミングなんかは、絶対的にトランポリンで体に馴染ませるべきだと思うんでですよね。なんたって50倍ですから!
練習量が50倍に増えれば50倍早く上手くなるはずです。

ほかには
高さを変える事によって色んなキッカーをイメージできる事、ですね。
50㎝の高さのジャンプと
2㍍の高さのジャンプで同じトリックをしてみる。

コレだけで先行動作や空中での感覚は全く違うものになります

ただトランポリンを飛んで空中感覚を養うのではなく、
いかに自分の中でキッカーを想定し、雪上をいかにイメージするかが鍵になってくるかとおもいます。

よく自分で意識するのは、
・アプローチ~ランディングまでのスピード感
・空中での前方への体の移動
・放物線に対しての自分の位置
・ランディングに対しての目線や体(軸)の送り方
・架空のキッカーが体の下を通り過ぎる感じ
↑このあたりです。

次にデメリットですが
まず板を履いて滑走していない事と、キッカー(R形状のもの)から飛び出さないことがあると思います。すごく単純に考えると、トランポリンの場合はトランポリンの面(ベット)に対して垂直に飛び出せば安定するわけです。

でもスキーでのジャンプを考えると、
ランディングバーンに自分の軸を倒していかないと、後傾ランディングで背中やお尻を打つ事になってしまいます。でもそれをトランポリンですると顔面でトランポリンに突っ込む事になるので、絶対にオススメしません。

大事なのは
トランポリンと雪上の違いを理解したうえで、練習する事
です。


そう考えるとデメリットのほうが大きいように感じますが、
練習量の多さはデメリットを凌駕すると思います。
実際、例のトリックの練習にトランポリンは欠かせませんからね。
微妙な軸の倒し方、微妙なかけの強さ、微妙な踏み切りとかけのバランスなどなど
空中に出る回数の多さが“微妙な”コントロールの練習にもってこいなのです!(自分の場合)

多分トランポリンでの練習方法だけで
あと10倍は文章が書けると思いますが、今日はこの辺で止めておきます。

まだまだトランポリンにはいい事ありますよ

 人気ブログランキングへ
 ↑どちらも一日ワンクリック!!↑
スポンサーサイト

| ■ 練習方法研究◎ | 22:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

最近、トランポリンでの練習の大切さに気づきました。
反復練習にはトランポリンは非常に効果的ですね。
練習での意識の持ち方、勉強させていただきました。
いつでも見れるように、コピペしてデスクトップに貼っておきました。どんどん参考にしますので、ホントにあと10回くらい書いてください(笑)
ちなみに僕は平日トランポリンはできないので、トランポリンをイメージして会社のコンクリートの床の上で飛び跳ねて、やり過ぎて時々ヒザが痛くなります(笑)

| 濱マイク | 2009/08/04 23:10 | URL | ≫ EDIT

>濱マイクさん

小出し小出しでちょいちょい書いていきますね◎

あまり跳ねすぎてウォーターできない、なんてならないように気をつけてください!!

| きん | 2009/08/05 01:32 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kinchanbox.blog78.fc2.com/tb.php/39-136e98d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。