きんちゃんBOX

プロスキーヤー遠山巧のどんどんマニアック系フリースキーブログ◎

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さて、とりとめの無い話になりそうですが

上半身と下半身

について最近かんがえている事をだらだら書いてみたいと思います。

具体的に上半身と下半身の何について考えた話かというと、どこから上半身でどこから下半身か?ということですね。

よく上半身下半身って言葉目にしますよね、ハウツーとかで。

皆さんどう思ってますか?
どこで上半身と下半身くぎってますか?


自分は最近までみぞおちでくぎってたんですよね。
一般的なイメージよりはかなり高い位置だとは思うんですけど、みぞおちから下で踏みきってみぞおちから上で回転力をつけるって役割を分けるような感じで。

ただね、それだとライトサイドが上手くいかないんですよね。
なんか身体がバラバラになっちゃうんですね、空中で。

レフトサイドは上手くいくのになんでだ?
といろいろ考えてトラポリンしてたら気づきました

上半身と下半身だけじゃないぞ!?って

今までのイメージだと完全に身体をぶった切って真っ二つにしてるだけだったんですが、もうひとつの要素があるんじゃないかと。

それは上半身と下半身をつなぐ「芯」です。

上半身をねじると当然ねじれの限界がきて下半身がねじれについて来るんですが、上半身と下半身を繋ぐ芯を意識することで上半身と下半身の連動が半端なくスムーズになったわけです。

で、その芯ってどこなのか?なんですが

一般的に言うインナーマッスルのあたりかなっておもいます。
自分自身インナーマッスルをしっかり感じたことないんで断言できませんが、なんかその辺ですね。

芯のイメージをもちながら何本か飛んでみたら

芯=スピンの軸

って感覚になってきて、なるほどなるほどとなったわけです。

まぁなんというかコマの軸、ですよね。


























スポンサーサイト

| □ スキー | 00:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

それだけのコトを競馬でも同じ様に考えれたら勝ちまくれるかなー

| ガッツ | 2011/06/24 20:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kinchanbox.blog78.fc2.com/tb.php/192-c95095e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。