きんちゃんBOX

プロスキーヤー遠山巧のどんどんマニアック系フリースキーブログ◎

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勢い。

勢いって大事ですね。

若さからくるもの、

ではなく自分で生み出す、すべっているときのノリ的な意味の。

前に少し触れたけど、NZに来てからジブの基本を意識して滑ってます。

簡単に言うとアイテムの上でのポジション、そこに繋げるアプローチですね。

でもなかなかしっくりこない。

で、今日滑ってる時に気づいた
「気持ちがアイテムにむかってないぞ」と。

よっしゃ乗ってやるぜ?って気持ちでアプローチしたらビシッときたんですね~

結論としては

動作の確認をいちいちしながらアイテムに入ってると、微妙なタイミングのズレが生まれる。

さらに言うと、その気持ちでアプローチしてる時のポジションの方が力を伝えやすい位置に乗れてる。

結果自分でもびっくりするくらいアイテムの上で動ける。

で、思い出した。
レッスンの時に
「考えながら飛ぶと遅れをとるんで、常に動きの先(せん)を取るイメージで」
と言っていたことを。

動きの先を取る っていうのは、早く動くってわけではなく、タイミングに対して後手にならない様にするって感じですね。

こう来たからこうしよう。
ではなく
こう来るからこうしよう。
こう来たらこうしよう。

って考えてもらうと分かりやすいかな?
(こう来たからこうしようってのも必要なんだけど、今回とは違う話)

話がごちゃごちゃしましたが、
アイテムに向かう気持ち一つでパフォーマンスが良くなったっていうのが、今日の収穫!

明日もコレを意識してうまくなってくるぜ!!
スポンサーサイト

| □練習メモ | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メモ。

最近の練習をしていて気づいた点のメモです。
個人使用が目的ですのであしからず。


軽い板より重い板。
レンタル用の軽い板より、実践にちかい重い板で練習することにしました。
軽い板だと踏み切りのタイミングが微妙にずれてもスピンできるけど
重い板はタイミングがずれたら、足がついてこない。
いい練習になる。

左足の踏ん張りの弱さ。
パイプでライトサイド7が上手くできなかった原因。
回転のためを作るときに、左足が踏ん張れず腰が左にまわってしまう。
土台(下半身)が安定しないと、軸がしっかり作れないですね。
筋トレとイメトレでカバーしていっている途中。

ライトサイドのいろいろ。
踏み切りなどに関しては既出のとおり。
空中での余裕がたりないので、ランディングの合わせがぎこちない。
トランポリンをつかって回数で補うのが最短ルートっぽい。
グラブがミュートとジャパンしかいけない。
踏み切りの安定感、空中での余裕などを上げていくしかない。

ダブル。
例のトリックに関しては、去年の練習があるので軸を浅くしていくイメージに変えていくだけで
動きが変わってきた。もっとシビアに軸をコントロールしなくてはいけない。
軸に対しての足の位置が課題か。
ダブルコークは、コークをしっかりやってからやらないとできないだろうという結論に。
いきなりダブルコークを狙うと、踏切が甘くなり巻き込むように一周目にはいってしまう。
しっかり蹴ってしっかり軸をつくらなくてまいけない。



うーん、まだまだですね。

| □練習メモ | 13:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。