きんちゃんBOX

プロスキーヤー遠山巧のどんどんマニアック系フリースキーブログ◎

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライトサイドの今。平軸編。

一昨年くらいからしっかりやり始めた、ライトサイド。
ウォーターで、雪上で、そしてインラインで、と経験値をあげて来ました。

そして、ライトサイド(特にスピン)の今を備忘録的に文字に起こしてみたいと思います。

まず、どーしても難しいのがキッカーのRの中での動きです。

踏み切るために、ぐっと踏ん張るその瞬間にブーツにかけてる前圧が弱くなってお尻が少し落ちる。で微妙に後傾のジャンプになる。(でも踏み切る力は台に伝えやすくスピンもかけやすい)

逆にポジションが崩れないように前圧と膝の位置に意識を置くと、リズムを外してしまい空中がスムーズに回らない。(ただ軸はしっかり送れて、着地に対しての軸もばっちり)

↑わりとこの無限ループになりやすいんですね。

5までは普通に飛べるようになったんですが、7からが本当に難しいです。

実際コークもできるし、ロデオ、ミスティーあたりもできるので、平軸にそこまでこだわる事ないんじゃない?と言われる事もあります。

ただ自分の中でストレートの軸を全ての基準してる部分があって、そこからどういう方向にどの位軸を倒すかで技をコントロールしてるんですよね。
だからその基準がずれるってのが本当に良くないんです。

例えばコークだと踏ん張る時に少し足元が走るだけで、狙った軸より深くなって、空中で「あれ?ちがうな」ってなります。

だからとにかくキッカーの中でポジションが崩れないように意識を持っているわけです。

ブラボースキー1号で担当したハウトゥーはこういう部分なんだと再確認してます。

まーもともと身体のねじりに対する可動域が違ったり、左右の足の踏ん張り力が違ったりするのでこういう事が起こるんだろうと思います。


と、まぁこんなとこですね。
意識を持って正しい練習を重ねて行くしかありませんね。


この辺りの話に興味のある方、今週末15日のベーシックレッスン要チェックですよー!この辺りが肝になってくると思います。

はい!告知終わりですんません!

レッスン申し込み、お問い合わせは
kinchan-lesson@live.jp
まで!
スポンサーサイト

| ■ トリック研究◎ | 10:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

経て。-ダブルコーク編-

ダブルコークやった感想。一言で言うと、

むずいっす。

1本目はかけ急ぎすぎて話になんなかったですけど、
2本目は2回転目まで回る事ができました。

が、
2周目が思った以上に軸が倒れないんですね。

前にブログに書いたんですが、
ダブルの場合は2回転目につながる1回転目を入れないとなんですけど、もともと自分のコークが浅軸すぎてコーク7が終わった後にイメージしているほど足が前方に出て行かないんですよね。

例のトリックは3Dなので縦回転が意識しやすいんですが
コークは自分的にスピンなので、その意識を変える必要がありそうです。

で、具体的にどうするか?なんですが
コークより縦が深めのDスピンを気軽にできるようにすることですね。
D7を意識した今までより縦の強いコークをしっかりやって
2回転目へ入っていかなくてはいけません。

あと、『踏み切りの強さ』が相当必要だと感じました。
普段から踏み切りはかなり意識しているんですが、
回転の強さに意識が行き過ぎて踏み切る動きが雑になってしまいました。

キッカーでつぶされる力をしっかりカラダに溜める

そのエネルギーを踏み切りで一気に開放する

高さが出る

滞空時間が長くなる

回転(動き)に余裕がでる


↑これはダブルコークに限った事ではなく、自分の基本的な考え方です。
ストレートでもダブルコークでもこの意識は絶対必要ってことですね。

さらに、踏み切りが雑になると回転力も落ちるので、
踏み切りは相当重要な要素なのです。

今までのことをまとめて単純に考えると
縦強めコークでがっちり踏み切ることができればできてしまう
という事になりますね

実際にはまだまだ意識する事はありそうですが、
当面は今挙げた2つのポイントをしっかりできるようにするだけですね。

隊長、セッキーさん、たくやもダブルコークやってて、しかもスペシャルコーチがいたのでめっちゃいい練習になりました。
隊長、セッキーさんの様子はここでチェックできるかもしれません。
FASTLANEブログ

実は例のトリックの課題も、踏み切りだったりするんですよね。
踏切が合ってないんで、微妙にショートしてるんです。


どんな技でもしっかり踏み切り。
頑張ります

 人気ブログランキングへ
 ↑どちらも一日ワンクリック!!↑

| ■ トリック研究◎ | 01:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『踏み切る動き』について考える。

飛ぶときに踏み切ってますか?
自分はばっちり踏み切る意識で飛んでます。
自分的には踏み切り=100%の力で体を伸ばしきるイメージなんですが、
力強くて速い動きってコントロールが難しいんですよね。

直球MAX150㌔のプロ野球選手の直球120㌔と
直球MAX120㌔の野球少年の直球120㌔では違いがあるように
自分的MAXの8割~9割くらい力のほうがコントロールしやすいので、
そのくらいで飛んでいるように思います。

『踏み切る』というより状況に合わせて『適度に踏む』って感じですね
ばっこし踏み切ってもいい台なら思いっきり行きますけど。

さて、この『踏む』動きの利点は高さがでる以外にあると思いますか?

車のタイヤがコンニャクでできていたらどうなるか?
キッカーを抜ける瞬間に下半身がなくなったらスピンはできるのか?

↑この辺りを考えるともうひとつの利点が見えてくると思います。

皆さんもどんどん踏んでいく方向で、ひとつよろしくお願いします


↓そのなぞが解けるレッスン、予約受付中◎
WJレッスンチラシ第2弾WJレッスンチラシ第2弾WJレッスンチラシ第2弾WJレッスンチラシ第2弾

 人気ブログランキングへ
 ↑ブログランキング参加中↑

| ■ トリック研究◎ | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。